子連れでリゾート気分を味わいたいなら沖縄で決まり!

東京からも2時間半強で到着。短い時間で南国リゾートへ。

独身時代や夫婦二人の時は好きな場所へ思いのまま旅行へ行けたけれど、子供ができてからはオムツ交換や授乳できるスペース、さらに泣いたり騒いだりしても気兼ねなく食事できるレストランなど、事前に調べておいたほうがいいケースも多く、つい億劫になってしまいどうしても近場を選んでしまいがちという人も少なくないかもしれません。そんな方にこそ、ぜひ沖縄をオススメします。東京から飛行機で2時間半強、車で少し遠出するのとそう変わらない時間で、日本にいながらにして本格的な南国リゾート地沖縄に到着することができます。子連れにも優しく、大型リゾートホテルではベビーカーやベビーベッドを無料で準備してくれたり、離乳食を手配してくれたりと、至れり尽くせりのサービスが行き届いています。リゾート地ならではのリラクゼーションマッサージなどの施設のあるホテルも多く、普段子育てに一生懸命なお母さまがリラックスするにももってこいです。

赤ちゃんの海デビューにも最適!子供受けするアクティビティーも。

沖縄は家族連れの旅行者も多く、子供が喜ぶようなアクティビティも充実しています。言うまでもなくエメラルドグリーンで美しい海に白い砂浜は、赤ちゃんの海デビューには最高のロケーションではないでしょうか。リゾートホテルではホテルにはビーチが併設されていることも多く、お砂場セットの貸し出しなども行っています。波打ち際でちゃぷちゃぷと水遊びした後は、お砂場セットで夢中で砂遊びに興じる姿が見られるかもしれません。また夏場になると、海上に大きなフロートをいくつも浮かべ、海辺のアスレチックができるようなアクティビティーを行うホテルもあります。小学生以上の少し大きな子供たちにはこちらも大変な人気があり、一日中海で遊ぶことができます。小さなお子様にはグラスボートで海中の色とりどりの熱帯魚を見せてあげることも出来るので、やることには事欠きません。ぜひ一度お子様連れで沖縄に旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

タビマスターズ

旅行の準備をする際に気をつけること

現金や身分証を用意する

旅行に慣れていない人は、持ち物として何を持っていけばいいのか分からないことも多いです。気をつけなければ歩くのが難しいほど荷物が重くなってしまったり、反対に肝心なものを忘れてしまうこともあります。そのため、旅行に行く際に必要な所持品をリストにしてチェックできるようにしておきましょう。まず必要なのが、現金です。特に国内での旅行ならば手ぶらであっても現金さえあれば購入することができます。しかし、あまりにも多くの現金を持っていると盗まれてしまう可能性も高くなります。クレジットカードやキャッシュカードも用意しておくと便利です。また、免許証も持っておきましょう。身分証として使うことができ、レンタカーも利用できます。

準備する服は最小限に

旅行の持ち物として重要なのがかばんです。どこに行って何をしたいかによって大きさを選びましょう。あまりにも大きいキャリーバッグなどを用意しても、持ち運びできなくなってしまいます。飛行機を使う場合は持ち込むためのサイズに制限があるので、注意しましょう。次に着替えがあります。1泊の旅行ならば着替えを準備せずに、コインランドリーなどを利用するのもおすすめです。また、旅館やホテルに泊まる場合は浴衣が準備してあることが多いので、浴衣で十分だと考えるならば寝間着を準備しなくてもよいです。服を減らすことができるのと旅行の荷物をかなり少なくすることができます。なるべく必要最小限にして観光地めぐりなどを楽しみましょう。

旅行

移動時間を楽しく過ごす方法

交通渋滞を楽しむつもりで出かける

車で旅行しているとき、道路が渋滞して予定通りに進まないことがあるかもしれません。目的地だけを楽しみにしていると、渋滞にはまったことで、イライラしてしまい、車内の雰囲気が悪くなってしまいます。特に高速道路での渋滞は、「お金を払っているのに!」と感じてしまうものです。せっかくの旅行で嫌な思いをいないようにするため、まず考え方を調整しておきます。移動の時間を楽しむようにします。高速道路は「せっかくお金を払っているのだから、長く乗っていたい」という見方をしていれば、渋滞は苦痛ではなくなります。長ければ長いほど、話のネタにもなります。ただ、トイレだけは行ける時に行っておかないと大変な思いをしてしまうので注意が必要です。

人混みは人間ウォッチングスポット

電車が混雑していたり、目的に知ついても人混みで十分観光ができないということもあります。特に長期休暇では、混雑を想定して出かけることができます。待っている間に、人間ウォッチングを楽しみましょう。他の人の服装を見て、流行を知ることができます。外国の方のグループがあるなら、近くに行って会話を聞いてみるのも面白いでしょう。生きた言語を学ぶことができます。さらに、遠くの方で会話しているグループを見つけて適当にアフレコをしてみるのも面白いです。人混みならではの楽しみ方ができます。旅行を計画するときには、交通渋滞や人混みを想定して、時間的にも心にも余裕を持って出かけましょう。楽しい思い出ができるに違いありません。

旅芸人

海外旅行中の気になるお金の管理

クレジットカード持参で海外旅行は快適

海外旅行へは現金を持ち歩く方法もあるものの、クレジットカードを一枚持参していると旅行中のショッピングに便利です。クレジットカードは国際的に通用するものが多いため、海外でも日本と同じようにカードが使えて安心です。海外の旅行先ではレストランやホテル、販売店でもクレジットカードが使える場所が多く、決済に手間がかかりません。また海外での滞在中に現金が必要になった場合でも、クレジットカードのキャッシングサービスを利用して現金が調達できます。加えてクレジットカード会社は、海外旅行者のための便利な優遇サービスをカード所有者に提供している場合が多く、クレジットカードを持っていれば旅行がさらにお得で快適に楽しめます。

海外旅行中に使える国際キャッシュカード

もしクレジットカードを持たなくても、現金を持ち歩かずに済む方法はあります。国際キャッシュカードがあれば、ATMからの現金引き落としや決済機能が利用できます。すでに日本に口座を開いている銀行で、国際キャッシュカードを発行している場合もあるため、旅行前に確認してみる価値はあります。ただし銀行に申請して国際キャッシュカードを発行する際には、数週間の時間が必要になるのが一般的です。そのため、旅行前に時間には余裕を持って国際キャッシュカード発行の手続きを行った方が無難です。また、海外で国際キャッシュカードを利用する場合には、手続き手数料や為替レートにより追加の費用が掛かる場合もある点については注意が必要です。

タビマスターズ

旅行を快適にするための方法

旅先の気候に注意する

旅行を快適に過ごす為に、旅先の気候を把握することは重要です。世界的に見れば国土の狭い日本とは言えど、北海道と沖縄の気温の違いは周知の事実ですし、標高の高低によっても大きく変わります。標高0メートルの平地から1000メートルを超える高地へ行く場合は、寒いと想定して服の準備をする必要があります。平地では半袖で十分でも、高地では震えるほど寒いというのはよくあることです。季節の変わり目は特に注意が必要で、高地では雪が残っている場合があります。現地の道路情報を調べ、適切なタイヤを装備します。北海道や沖縄は日本屈指の人気エリアですが、特に真冬の北海道は異様な寒さになります。マイナス30℃など日本離れした低温になるので、相応の服装を準備しなければ楽しい旅行が台無しになってしまいます。

バッグの大きさや量に注意

旅行へ行く際は、着替えなど何かと持ち物が多くなります。家から出る際は余裕のある量だと思えても、電車の乗降や観光中、宿への持ち込み時など荷物を持つシーンは多いですし、腕もだんだん疲れてきます。すると、重さによってストレスが溜まりますし楽しい旅行も辛いものとなってしまいます。荷物量が適切でないと、旅先でお土産を買うのもためらってしまいます。また、お土産を買ったとしても両手が塞がるような状態では不便です。なので、家から出る時の荷物量は、お土産を購入したとしても余裕があるように調整すると後々楽です。容量が大きいからと、矢鱈大きなバッグを持つのも危険です。狭い場所を通るのに一苦労ですし、ロッカーに預けようとしても入らない可能性があります。

バカンス

旅行をするということ

旅をすることに対していいことと悪いこと

「旅行」とは、人によって色々な理由でされるものです。趣味だという人、ストレス発散しに行く人、楽しみに行く人や自分探しに行く人、付き合いで行く人など実に様々な理由があります。ですがそのどれもに共通しているのは、旅をすることによって何かしらの変化を求めているということです。この旅というのが全てプラスに終わることではありません。娯楽のジャンルですが、終わってみれば行かなければ良かったという結果になるケースももちろんあります。一緒に行った人との関係が悪化してしまうという場合もあるのです。ですが基本的には旅をするのはいいことが多いです。その時のその場所でしか味わえない思い出を作ることができるとても貴重な体験ができるのです。

旅に出る際の思い出の残し方

「旅行」は思い出になりますが、その思い出の残し方も様々あります。写真を沢山撮ってアルバムにして形として残すようなことや、写真はあまり撮らないけれどもどの分それよりも思い出に残るようなことをして印象として心に残すということなど人によって色々な残し方があります。ですがやはり旅となると皆いつもよりも写真を残す人が多いです。旅のスケジュールなどもしっかりと組む人もいれば適当に歩くという人もいますが、それらは意見の合う人が一緒に旅をすることが望ましいです。意見の食い違いからのせっかくの旅が台無しになるパターンもあるからです。そういうことなどもしっかりと考慮した上で旅に出る時は誰と行くか決めるようにしましょう。

タビマスターズ