子連れでリゾート気分を味わいたいなら沖縄で決まり!

東京からも2時間半強で到着。短い時間で南国リゾートへ。

独身時代や夫婦二人の時は好きな場所へ思いのまま旅行へ行けたけれど、子供ができてからはオムツ交換や授乳できるスペース、さらに泣いたり騒いだりしても気兼ねなく食事できるレストランなど、事前に調べておいたほうがいいケースも多く、つい億劫になってしまいどうしても近場を選んでしまいがちという人も少なくないかもしれません。そんな方にこそ、ぜひ沖縄をオススメします。東京から飛行機で2時間半強、車で少し遠出するのとそう変わらない時間で、日本にいながらにして本格的な南国リゾート地沖縄に到着することができます。子連れにも優しく、大型リゾートホテルではベビーカーやベビーベッドを無料で準備してくれたり、離乳食を手配してくれたりと、至れり尽くせりのサービスが行き届いています。リゾート地ならではのリラクゼーションマッサージなどの施設のあるホテルも多く、普段子育てに一生懸命なお母さまがリラックスするにももってこいです。

赤ちゃんの海デビューにも最適!子供受けするアクティビティーも。

沖縄は家族連れの旅行者も多く、子供が喜ぶようなアクティビティも充実しています。言うまでもなくエメラルドグリーンで美しい海に白い砂浜は、赤ちゃんの海デビューには最高のロケーションではないでしょうか。リゾートホテルではホテルにはビーチが併設されていることも多く、お砂場セットの貸し出しなども行っています。波打ち際でちゃぷちゃぷと水遊びした後は、お砂場セットで夢中で砂遊びに興じる姿が見られるかもしれません。また夏場になると、海上に大きなフロートをいくつも浮かべ、海辺のアスレチックができるようなアクティビティーを行うホテルもあります。小学生以上の少し大きな子供たちにはこちらも大変な人気があり、一日中海で遊ぶことができます。小さなお子様にはグラスボートで海中の色とりどりの熱帯魚を見せてあげることも出来るので、やることには事欠きません。ぜひ一度お子様連れで沖縄に旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

タビマスターズ

新婚旅行は無理せずのんびりのリゾートステイがおすすめです。

新婚旅行、どこでどう過ごす?

結婚を控えたカップルの楽しみの一つが「新婚旅行」です。なかなかまとまった休みがとれないという人は、海外でアクティブに過ごすという計画を立てることも多いかもしれません。しかし、普段忙しい二人にはリゾート地でゆっくりのんびり過ごすことの方をおすすめします。なぜかというと、結婚式の前後は式や新生活の準備で何かと忙しく心身ともに疲れる場合が多いからです。特に式の直後に旅行に出発するという人は、無理をしないプランの方がよいでしょう。疲れた体で慣れない国を観光し、体調を崩しては元も子もありません。最初からきっちりと計画を立てず、基本的にはホテルでのんびりし気が向いたら少し外出してみるといったぐらいの余裕を持った旅行内容にしておくと安心です。

リーズナブルに贅沢ステイができるのはアジアンリゾート。

新婚旅行をのんびりとしたものにするには、アジアンリゾートに滞在するのがおすすめです。リゾートというとハワイやパラオなども有名ですが、滞在費用が高くなったり移動距離が長くなったりと、色々な面で負担も大きくなります。これに対してバリ島やセブ島などのアジアの観光地は比較的移動時間が短くてすむ場所が多く、時差も少ないために体に負担がかかりにくいのが特徴です。また、欧米諸国に比べて滞在費用が抑えられるので、手の届く価格で上質なホテルサービスを受けることができます。特にバリ島には世界的に有名な高級ホテルが数多く進出していることもあり、比較的リーズナブルにハイレベルなリゾート体験をすることができます。二人の大切な思い出となる新婚旅行、無理のない範囲でゆったりと贅沢な時間を過ごしてみませんか。

タビマスターズ

海のリゾート地で人気が高いオプショナルツアーの体験

空中の遊覧が楽しめるパラセーリングのオプション

オプショナルツアーでは、旅行先のリゾート地で多様な体験ができます。例えば海辺のリゾート地でのツアーでは、パラセーリングに人気があります。パラセーリングは、パラシュートを装着しモーターボートなどで牽引してもらうことで、空中を散歩することができるマリンスポーツの一つです。海が美しいリゾート地でのオプショナルツアーでは人気が特に高いです。またパラセーリングは、特別な資格やノウハウが一切必要ないのも人気の秘密です。パラセーリングのスタッフに任せておけば全て準備が整い、初めてパラセーリングを体験する初心者でもすぐに空の遊覧が楽しめます。安全性も高く、旅行中に怪我や事故の心配がないのもパラセーリングのメリットです。

海中の美しい景色に虜になる人が多いスキューバダイビングのオプション

海が美しいリゾート地でのオプショナルツアーでは、スキューバダイビングのオプションも人気です。スキューバダイビングは海の中を散策できるアクティビティであり、リゾート地の美しい海の景色は一見の価値があります。スキューバダイビングのでは、専用の器具を身につける必要があるため、まず海中に潜る前にレクチャーをスタッフから受けます。また本格的にスキューバダイビングを楽しむのであれば、そのための資格を取得し、さらに潜るために必要になる各種の道具を揃える必要はあります。しかしそれでも、オプショナルツアーで一度スキューバダイビングを体験すると、その魅力の虜になってスキューバダイビングの免許を取得する人は多いです。

タビマスターズ

旅行するときに持っていく物

いつも使っている化粧品を持っていこう

旅行に出かけるときには、用意しておきたいものもあります。まず、女性の場合、日頃から使用している化粧品を持っていくようにしましょう。体質や肌質によって、特定の化粧品しか使うことができない方も存在しています。ホテルや旅館では、化粧品を置いていることも多くなっていますが、お肌に合わないものを使うことで肌荒れしやすくなるのです。いつも使っている化粧品を、小さな容器につめかえて持っていくことで、肌荒れの心配をすることなく過ごせるようになってきます。特に、スーパーや薬局では手に入りにくい化粧品を日頃から愛用している人は、自宅から持っていくことで余計な心配をすることなく、旅行中も快適に過ごすことができるでしょう。

現金とクレジットを持っていくと安心

十分な現金を持っていくことで、旅行を思いっきり楽しむことができます。旅行に出かけた際には、現地でしか食べることができないものを食べたり、お土産を購入したりします。そのため、事前に予想していた以上の金額を使ってしまうでしょう。事前に十分な現金を用意しておけば、たとえお金を使いすぎてしまった場合でも、動揺せずに過ごせるようになるのです。また、現金に加えてクレジットカードも用意しておくと、何かあった時でも安心することができます。ホテルや旅館の多くでは、クレジットカードも利用できるようになっているので、手持ちの現金を使ってしまった時に利用することができるのです。現地で楽しく過ごすためにも、クレジットは持っていくとよいでしょう。

タビマスターズ

アウトドアや温泉を楽しめる宮城県

アウトドアスポーツを堪能したいなら

宮城県には、アウトドアスポーツを楽しめる施設が豊富に設置されています。仙台市泉区の泉ヶ丘スキー場は、冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ、夏はパラグライダーやハイキング、登山をすることができます。また、刈田郡蔵王町にも蔵王スキー場がありますが、冬には全国的に珍しい樹氷を眺められます。さらに、伊具郡丸森町を流れている阿武隈川では船下りを堪能できますので、夏はたくさんの観光客で賑わっています。気仙沼市や石巻市は太平洋に面していますので、海水浴や釣りなどを楽しめます。宮城県にはさまざまなアウトドアスポーツをできる観光地が数多く存在していますので、一年を通してチャレンジしたい場合に最適です

温泉で心身の疲れを癒やしたい時は

宮城県は自然が豊かなエリアですから、良質なお湯が沸く温泉地がたくさんあります。仙台市太白区の郊外にある秋保温泉は、旅館の数が多いので、好みに応じて選べます。日帰り温泉もできますので、気軽に立ち寄れます。作並温泉は仙台市青葉区の郊外にあり、仙山線を使って行くことできます。山間を走る電車ですから、車窓の風景も楽しめます。さらに、大崎市にある鳴子温泉は民芸品こけしの名産地としても知られています。年に一度のこけし祭りにはたくさんの観光客が訪れています。ほかにも、刈田郡蔵王町には遠刈田温泉、白石市には鎌先温泉など、宮城県内には数多くの温泉地が存在しています。泉質や予算を考慮しながら、好みの温泉を選べます。

タビマスターズ

子どもの夏休みの宿題に旅行記はいかが?

夏休みの自由研究、何にしたらいいか迷っていませんか?

子どもの夏休みの宿題、いつも2学期がはじまる前ギリギリになって駆け込みで泣きながらやる、なんてことはありませんか?漢字や計算、作文は子ども本人になんとかやる気になってもらうだけですが、自由研究を親が手伝うことになる家庭は少なくないようですね。今年の夏休みの自由研究は旅行記を書くというのはいかがでしょうか?なにも旅行記のために海外旅行を計画する必要はありません。おじいちゃんおばあちゃんの家へ行くときや、日帰りの旅行だっていいのです。大切なのは、旅行前の計画段階から子どもが加わることです。いつ、どこへ、誰と、どうやって、何時間ぐらいかけて行くのか、現地での過ごし方や持ち物も事前に書き出してみます。書き出したメモ自体が旅行記のスタートです。

旅行記を書くことで、子どもの目線も変わります!

旅行中は、デジカメを子ども自身に持たせてみましょう。旅行記を書くとなれば、駅やドライブイン、道路の名前などの情報にも注意が向きますし、乗り物のチケットなども子どもに渡して持っていてもらうのです。デジカメで撮った写真やチケットはそのまま旅行記に貼付できます。スマホで地図アプリを見ながら移動するのも便利ですが、あえて紙の地図を用意して、ペンで印をつけたり、感想を書き込んでしまうのもいいですね。それがそのまま旅の記録になっていきます。旅行中の食事も写真を撮っておきましょう。旅行から家に帰って、旅行記をまとめるときに、食べた食事の材料や作り方を調べたりするのも楽しいものです。夏休みの自由研究になるだけでなく、忘れられない旅の思い出からたくさんのことを子どもが学んだ記録になるでしょう。

タビマスターズ